FC2ブログ

「虹のオーガズム」に見るピストンではない挿入

2017.05.18.Thu.14:02
以前ここで取り上げた吉沢明歩さんの「ポリネシアンセックス」。その後、〝ゆえ〟とのプレイでも何度か試し、その効果には驚いている。

ところで最近になって、以前出版されたある本と根本の思想がよく似ていることに気づいたんだ。

今からもう10年以上前の事。少し変わった本を買い求めたんだ。タイトルは「虹のオーガズム」。中の活字や装丁はあまりきれいではなく、まるで、自分でパソコンで印刷して製本して売っているようなそんな外観。うん、ちょっとアヤシイ。自費出版なのかな。

著者の紹介も名前もイラストもアヤシイし…。(笑)

でもね、そのときは、ちょうどドライオーガズムを探求し始めた頃。もしかして何かの参考になるかと思い購入したんだ。

当時は正直言っちゃうと、その中身を読み、あまりピンとこなかった。装丁に関しての上記の印象はめちゃくちゃ強いのだけど、中身については…、今までの自分の常識とは全く異なることだけはわかったけど、当時は相手が〝なみ〟で、ご存じのように彼女はセックスには消極的で奥手。だから、この本に書かれているようなことを実践をするタイミングもなかったし、今一つ共感を持つことも難しかったよ。

ところが、先日、ふと、思いだし読み返してみたら…なんと、最近、自分が〝ゆえ〟とのセックスで実行していることが書かれていてびっくり!そう、ここにすでに原点があったんだね。

この本、1999年に出版。だから出てもう実に18年!

で、書かれている内容、特に大きなポイントは男女の交合、時間をかけて行う事と、男性が挿入を1時間近く続けるものの射精をしないということ。そのために、ピストン運動をしない。

ほら、どこかで聞き覚えがあるよね?

そう。ポリネシアンセックス!

今読んでみると、書かれている事の意味がよく理解出来るよ、人間は本と出会っても、その真価がわかるのは、実に、タイミング次第。自分にそれを受け入れる準備ができていればいいけど、そうじゃなければ、ダメなんだね。つまり、昔読んだ時は、まだその時期じゃなかったんだね。

でね、読み進めていて、非常に感心したのは、ここに書かれているテクニック、わかりやすい上に、実際に実践している身としては、とても説得力があるんだ。さらに、〝やま〟はヨガや瞑想も実践しているけれど、そうした事にも触れられている。

実はね、セックスを楽しんで、深めようとすると、どうしてもある時点でヨガ、あるいは「気」との関わりが出てくると思うんだ。

セックスは気と気の交合。決して男が射精するだけのものじゃない。男性も女性も気を混じり合わせることで、とてつもない快感が生じてくる。そういうものだと思うんだ。

男はピストンという常識は捨てて、まったく別のタイプのゆったりとしたセックスを楽しむ文化が日本にも生まれて育てばいいなぁと思うよ。

そうすれば、男性も女性の快感を理解し、女性をもっともっと大切に扱うような社会になると思う。素敵なセックス、すなわち「 Love」 から社会は変わっていくんじゃないかな。ビートルズも言っているじゃない、「All you need is love」って…、愛こそが、オーガズムこそが世界を、宇宙を変えるのです!あれ?何か意味が違う?(笑)




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

またもや更新が…

2017.03.13.Mon.17:45
更新を楽しみにしてらっしゃるみなさん、申し訳ありません。

このところ色々とあり、なかなか更新できておりません。

もうしばらくお待ち下さいね。

〝やま〟拝

ピストンのない快楽

2017.02.07.Tue.12:44
男性と女性のエッチ。

我々が、無意識にとらわれていることって色々ある。

一つは挿入に関すること。

挿入したら、腰を動かす…。そしてピストンする。

これ、なんとなく世の中の常識。

でもその常識、みんなとらわれすぎていないかなぁ。

そんなことを〝ゆえ〟とのSMプレイで感じたので、兄弟ブログ「〝やま〟のボンデージ日記」に書いてみたよ。

こちらの記事からどうぞ!

アネロス(エネマグラ)を入れたままSプレイをしたら?

2017.01.02.Mon.15:24
明けましておめでとうございます!

更新が1ヶ月に1回という超スローなブログだけど、今年もやまの「ドライオーガズム日記」をどうぞよろしく。

当初自分がドライオーガズムを実際に体験するまでの記録をアップすることで始めたブログだけど、始めて数年。現在は「ドライオーガズム」を軸に、男女を問わず、オーガズムを追求していくことをテーマにしているんだ。「脳イキ」や「中イキ」という現象も含めて。そして、その話題も実体験を通して皆さんにお届けしている。そして、その「実体験」という部分には相当に重きをおいているし、今後もそうしていくね。〝ゆえ〟というパートナーとのプレイでの体験もそうだし、アネロス(エネマグラ)だけでなく、様々なドライオーガズムに関係がありそうないろいろな話題を提供できたらなと思っているよ。男性だけでなく、中イキを目指す女性にとっても役立つブログであればいいなぁと思っている。

さて、そのドライオーガズムの探求。とにかく、いろいろと実験をしてみることが大切。だって、まだ科学で解明されていないし、認められていない領域だから。そう、我々、ドライオーガズム愛好家は人類のパイオニア!

というわけで、日々追求がやまないんだ。

先日もあることを思いついた。

このブログを昔からご覧になっている方は、〝やま〟はドライオーガズムを体験している人間だけど、アネロス(エネマグラ)では一度もドライに達したことがないことをご存じのはず。そう、アネロスとは相性が悪いみたい。

ところが、それ以外では、例えば、マル秘堂さんのようなM性感でドライに達したり、〝ゆえ〟とのSMプレイやポリネシアンセックスでドライを何度も経験している。

そうなると、ふと思ったんだ。

アネロス(エネマグラ)を挿入したままSMプレイをしたらどうなる?いや、それはM性感ですでに…いやいや、違う違う。MではなくSとしてプレイしたらどうなるかということ。

これ、理屈では悪くない。というのは、Sプレイは非常に脳が興奮する状態になる。一方でペニスの刺激はあまりしない。そうなると脳イキが始まり、そこでアネロスが動き出して活躍ということが考えられるのでは…と思ったんだ。

そしてある日、実験!

〝ゆえ〟には一言説明をして(始めて見るアネロスに目を丸くしていたよ!)、お尻に挿入。そして、いつものようにSとして、〝ゆえ〟を厳しく躾けていく。

ふむ。

確かに、前立腺のあたりにしっかりと当たっている実感が、いつも以上に感じられる。興奮がもたらすものかな。

だけど、それから何か、新たな動きがあるというわけではなくそのまま数十分過ぎる。

そして、ベッドの上に横たわり、〝ゆえ〟が丁寧なフェラを始め、両手で、体にやさしくタッチしてくれたら…。

あれ?

体が、体が、痙攣するぞ…。

うん、これは前立腺あたりが中心になって、ぞわっという感覚が広がりつつ、体がビクンと痙攣。

ただ、その回数はそれほど多くない。

やがて…停まってしまった。

あれれ。何だったんだろう。でも、〝ゆえ〟のご奉仕は続き、そのまま通常のプレイとして4時間ほど、Sプレイを楽しんだ。〝ゆえ〟も満足してくれた。

というわけで、アネロスを入れての実験、特に大きな成果があったわけじゃない。そう、いろいろな実験をするけど、こうしてほとんど成果のないものも多いんだ。それが実験というものの本質。そのうち、何か大当たり!ということがあれば、それがそのまま人類の快楽の歴史に大きく貢献できるのかもしれないし…って、話が大きすぎ?(笑)

いや、新年だから、これくらい夢は大きく持とうね。

さて、今年1年、こんな風に、いろいろと「何してんの?」と言われるような実験ばかり繰り返すかもしれませんが、どうぞよろしくね!


女性の中イキと男性のドライオーガズムの類似性

2016.12.03.Sat.17:50
兄弟ブログである「〝やま〟のボンデージ日記」に〝やま〟の奴隷である〝ゆえ〟の中イキについて書いてみたよ。

こちら。
http://namiandyama.blog.fc2.com/blog-entry-73.html

おそらく、ドライオーガズムを目指す男性にも参考になる部分があるんじゃないかな。

興味のある方はぜひ読んでみてね!

 | HOME | Next »