FC2ブログ

「やま」版、「マル秘堂」に行ってみた 1

このタイトル、エネドラさんへのトリビュート!というつもりで「ぱくり」ではないつもり…。

やまがエネマグラと出会って8年以上も経つのに、いまだにドライに行けない。そんな中で、風俗のお店にお手伝いしてもらおうと思ったことが何度かあるんだ。風俗はそれまで利用したことが無かったし、なかなか勇気のいる体験だったけど、勇気を振り絞ってドライオーガズムをウリにするM性感のお店で何度か体験。結果、多少アナルの気持ちはいいけれど、ドライには達せない…というのがそれまでの結論(唯一、東京は五反田にあるお店で、ある方の指南でドライの入口を見たことはあったけどその話はいずれ別にね)。

でもね、エネドラさんという方のブログ「エネマグラでドライオーガズムを楽しむblog」を読んで、大阪の「マル秘堂」さんの事を知ってからは、猛烈に体験したくなっちゃった。

くわしくはエネドラさんの記事を読んでもらえばわかるけれど、このお店、アプローチが全く違う。HPを見ても、かなり真剣にドライを目指していることが見て取れるんだ。しかも、このお店で初めてのドライを体験した人も多いらしい…。

うーん、どうしよう!

人生一度きり。可能性のあるものはわずかなヘソクリを全部吐きだしてでも体験しよう!というのがやまの生き方(なぁんて、たまにはエラそーにね!)。

というわけで、まずメールで予約の可否などを尋ねてみた。その上で前日、電話で予約。

お店の人、メールも電話もとても丁寧な対応で、ひとまず安心。

ドライに至るには時間も必要。というわけで、コースは180分。特に指名もせず、フリーでお願いしたんだ。

風俗って、手慣れた人には何でもないかもしれないけど、まだ数回しか体験したことのなやまは内心、ドキドキ。

・まず、パートナーの「なみ」にばれないかどうかでドキドキ。
・知り合いに出会わないかでドキドキ(今回は日頃生活している土地じゃないから大丈夫だと思うけど)。
・思わぬアクシデントに巻き込まれるのではないかとドキドキ(ラブホテルが火事になるとか…)。
・お金が足りるかどうかでドキドキ。
・怖いオジサンが後ろから出てきたらどうしようとドキドキ。

いやはや、小心者だよね。

でも、人生、あらゆることに意味がある。マル秘堂さんとの出会いはきっと出会うべくして出会うのだから、きっと大丈夫!と意味不明な自信で不安を蹴散らし、いざ大阪へ。

指定された場所で電話。すぐに近くのラブホテルを案内される。ラブホテルってどうしてこんなに入るのにドキドキするんだろ。指定されたホテルはとても清潔でまず安心。

受付で後で連れが遅れてくると伝えておく。これ大切。部屋に入ってからででも必ず電話でね。あ、出るときもね。女性が先に出ますと必ず電話で。そーでないとホテルの人、心配するから。

でね、この時やまは一つ失敗をしたんだ。その日ホテルは2室空いていたんだけど、せっかくだからと高い方の部屋にしたら、これがスイート級のデラックスな部屋。フリータイムだし、後ほど女の子が割引カードを使ってくれたから値段は安く済んだけど、広いんだ。ま、贅沢でいいかな…と思いきや、実はベッドと洗面台が離れていて、プレイにお湯などを頻繁に使う女の子にとっては往復が遠くなりちょっと使いづらそう…。次回以降、要注意だね。

部屋に着いて電話をするとほどなく、女の子が。Qさん(仮名。お店で紹介しているイニシャルと別にしたよ)。長身の美女。物腰が柔らかく丁寧。とても優しそうな子のようで安心。プレイの内容についてはこちらもある程度把握しているし、なによりもドライオーガズムに関する知識もあるということで、簡単な説明のあとで、シャワーで体を洗ってもらう。このお店では女の子は下着姿。優しいタッチで股間を洗ってもらい、思わず息子が大きくなってしまう。

その後ベッドではまず温水による浣腸。

そしてベッドに横になる。

あらかじめエネドラさんの記事やマル秘堂さんのツイッターの過去記事などを読んできているので、とにかく今日はリラックスして体を預けることだけを考えた。だって、それしかやまにはできないもんね。

話に聞いていたように、まず目隠しをされちゃう。これ、やっぱり精神的に大きいよね。さらに手枷もされ、そうすると益々受け身な気持ちになってくる。これがいいんだろうね。

最初はパウダーによる全身マッサージ。ホントに微妙なタッチが繰り返されるんだ。ところが、突然強くなったり、乳首を舐められる感じがあったり。この意外な動きも心地よさを増幅。そけい部にタッチされると思わず声が。これ以降、自然に何度も声が出てしまった。うーん、やま、どうしたんだ。男がこんなに声をあげてもいいのか…。どうもこの辺りから、精神的に女性化が始まっていたような感じ。

やがて、エネマグラが入った感覚。これは今まで自分で何百回と経験しているからわかるけど、やや心地よさがあるものの、それ以上でないところも一緒。

やがて、バイブが…。心地良い。Qさんから「カウパー、物凄く出てますよ」と、これまた恥ずかしい事を言われ、赤面。

でしばらく前から尿意を感じたので、一旦ストップしてもらい、トイレに。こうしたことは遠慮無く声をかけて下さいと言われていたので、その通りにしておいたよ。だって、そんなことが気になると、集中できないもんね。でも、不思議なことに尿はほとんど出ず。きっと尿道が刺激されたのかな。

で、プレイ再開。やがて、30分もたった頃。体に大きな変化が。

(この項、続く)


もしもあなたが革拘束やラバー(LATEX)がお好きならば…
やまの姉妹サイトへどうぞ。

なみとやまの性日記




スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

Post a comment